プレモ動物病院
からのお知らせ
&ブログ

NEWS

2023.01.20

カテゴリ | お知らせ

冬場のノミダニ予防❕

フィラリア症に対する予防意識は高まり
多くの方がきちんと毎月の予防を
していただいてるかと思いますが
「1〜4月は何も予防していない…🐶」
という方、
逆に猫の飼い主様は、
「外に出ないので予防は必要ない🐱」 と
思われている方が
意外と多くいらっしゃいます👀💦

外へ散歩に行く犬の場合、
草むらや藪の中からノミやダニが
身体に飛び移り寄生します😵‍💫
外へ散歩に行かない子や、
外に出ない猫の場合でも
人間の靴や服に飛び移ったノミやダニが
我々の気付かないうちに
家の中に侵入していて、
人間の体を介して
犬猫へ飛び移り寄生する
という事も多くあります🙀

当院を受診される
完全室内飼育の猫の中でも数頭、
ノミが寄生している跡である
“ノミ糞”(黒いフケのような粒々)を
確認する事がしばしばあります…😣
まさか一緒に寝てる
可愛い可愛い猫ちゃんに
ノミが寄生しているなんて…😱
と皆さん驚かれますが、
毎月の予防を行う事で
大切な犬猫達も、
そして飼い主様ご家族も
安心安全に過ごしていただけます🏡

ノミやダニの予防が不十分な場合、
寄生される事で痒みが引き起こされ
皮膚炎を起こしたり、
大量寄生の場合は貧血になったり、
更に重症の場合は
【バベシア症】という感染症に罹患し
最悪の場合死に至る病気を
引き起こす危険性もあります⚠︎

また、
犬や猫への被害だけではなく
近年では人への感染から
重症もしくは死亡する症例が
報告されています🗯️

【人獣共通感染症:SFTS(重症熱性血小板減少症)】
SFTSに対する特効薬は開発されておらず
通年でのマダニ予防が何よりも大切です🙌🏻

通年でのノミダニ予防と共に
大切なポイントは
・ノミダニ予防の薬を動物病院で処方してもらい毎月予防を行う
・散歩後のブラッシング
・山や森へ行く時は服を着せる(動物)
・山や森へ行く時は肌の露出を少なくする(人間)
という事です✔️

つい抜けがちな冬場の予防ですが
近年では暖房等で冬でも室内がとても暖かく
ノミの発育温度である13℃を超えており、
暖かい家の中は発育と寄生を繰り返す事ができる
居心地の良い環境となってしまっています😖

予防抜けがあり、この投稿を見てから
予防をきちんとしよう❕と
思ってくださる方は
絨毯やカーペットのこまめな掃除も
同時にしていただくと効果的です🧹ˎˊ˗

1〜4月のノミダニ予防に関して
ご不明点がある場合は
お気軽にお電話、
もしくはご来院にてご相談ください🌷